HOME > 院長プロフィール
体の痛み、悩みご相談下さい

院長の紹介

院長 小林大輔

写真

小学校4年生の時でした。
足を捻挫して、近所の伴野接骨院に行きました。
そこで伴野茂樹先生に出会い、「僕も接骨院の先生になりたい」と言ったのです。
伴野先生は「大きくなったら弟子にしてやる」と言ってくれて、すっかりその気になってしまいました。

それから20年。
本当に接骨院の院長になってしまいました。

この仕事は拘束時間も長いです。
休みの日も、セミナーや勉強会に行かなければなりません。

ですが、治った患者さんが「ありがとう」と元気に院を出ていく姿を見ると、涙が出る程うれしくなります。

やっぱり、この仕事はやめられません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

院長略歴

1978年生まれ
瀬戸北高校卒
愛知大学 文学部 東洋哲学科卒

米田柔整専門学校に通いながら、1日平均100人来院する瀬戸市の伴野接骨院で修業を積む。

2005年 国家資格「柔道整復師」を取得

その後、病院のリハビリ体制の創設、接骨院院長の代行など精力的に行う。

2008年 やざこ接骨院開業

開業後も全国各地のセミナーに参加。日々研鑽を積む。
定期勉強会、一心接骨院で開かれる「上野塾」において、話し出したら止まらない講師として恐れられる。
第一日本接骨師会学術部委員として、業界全体の技術と知識の向上のため「第一セミナー」の企画と講師を務める。

  • 日本カイロプラクティック徒手医学会
  • セラピストフォーライフ開催のカイロプラクティックリハビリテーション 第一期生
  • トルクリリーステクニック終了
  • ニューロオリキュロセラピー終了
  • 第一日本接骨師会 学術部委員
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ▲ページトップに戻る